英文契約書によく出て来る “royalty” について説明します。

ラテン語の “rex” (君主、王侯)が、フランス語の “roi” (王、国王)となり、そこから英語の “royal” (国王の)が登場しました。”royalty” は、その名詞形で、王位、鉱山使用料、特許権使用料、著作権使用料、貨幣鋳造税等の意味があります。

royalty” は、王の権利、すなわち、権利を持つ者に支払う対価を意味したのです。現在では、特定の権利を利用する利用者が、権利を持つ者に支払う対価で、主に知的財産権に対する対価をいいます。特に著作権に対する対価は、印税ともいいます。

英文契約書では、商標、著作権、特許、トレードシークレットなどの許諾(ライセンス)の対価である使用料のことをいい日本の契約書においても使用料とも、ロイヤルティともいいます

ライセンス契約では、ロイアルティ(使用料)の決め方と支払方法の取り決めは、許諾地域(territory)、独占性(exclusiveness) の有無と並んで、もっとも重要なものの1つとなっています。

それでは、”royalty” の使用例を見てみましょう。

(例)

In consideration for the grant of the license by A to B, B shall make a fixed annual payment of US $100,000 (One Hundred Thousand United States Dollars) as a royalty for each year during the term of this Agreement.

(訳)

AによるBに対するライセンスの許諾対価として、Bは、本契約の有効期間中、毎年ロイアルティとして年間固定額100,000米ドル(10万米ドル)を支払うものとする。

“royalty” は、以上のように使用料、対価の意味で使われますが、間違えやすいのが、”loyalty” です。後者の意味は、忠義、忠誠、勤王、誠実といった意味で、日本でもブランドロイヤルティ、ショップロイヤルティなどと、愛着や信頼という意味合いで使われています。”r” と “l” 、スペルに注意してください。

英文契約書のご相談は・ご依頼は、横浜の行政書士清水すなお事務所にお任せ下さい!関東・関西各地よりご依頼を頂いております。相談料は、無料で対応しています。